塾生の入試得点と入試対策の取り組みね科

0

    こんにちは。徳本です。

     

    今回は入試研究第4弾理科です。

     

    理科は2014年〜2018年度入試において、非常に難易度が高くなっておりました。

    2015年の県の合格者平均点はなんと37.4点

    日本全国でもトップクラスに難しいといわれていたのがこの時期です。

    しかし2019年は平均61.3点、2020年は平均55.9点とここ数年は落ち着いた難易度になっています。

     

    2020年入試の正答率別得点分布は、61%以上が39点分、41%〜60%が44点分、40%以下が17点分となっており

    いわゆる超難問は少なく、基本的な知識を問う問題が多くなっています。

     

    基本知識を問う問題といっても、中学理科で学習する範囲は非常に多岐にわたり

    英・数と違って1つ1つの単元におけるつながりが薄いため

    受験生は中1〜中3までの単元を満遍なく習得する必要があります。

    「今まで受けた全ての定期テストを解けるようにする」ようなイメージです。

     

    トリプルAでは例年8月から本格的な入試対策が始まりますが、

    入試対策と並行して定期テスト対策もしっかりと行っていますので、

    中3で習う分野は生徒たちにとって記憶が新しく

    入試対策でも得点を取れることが多いです。

    しかし1,2年分野は忘れている生徒が多いため、

    まずは1,2年分野の基礎語句暗記から行います。

    その後は3年分野の暗記と実践的な問題に取り組み、力をつけていきます。

     

    また、理科の授業で生徒たちに意識させていることは

    「知識の暗記だけではなく、理解を深めて問題に取り組むこと」です。

    近年の入試における実験・観察の問題は、学校で習う実験の条件を少し変えて

    実験操作や結果を予測させる問題も出題される傾向にあり

    ただ結果だけを暗記していても通用しません。

    なぜその操作が必要なのか?どうしてこうゆう結果が出たのか?

    学校の授業でも、意識して学ぶと良いと思います。

     

    最後に塾生の入試得点の伸びですが、

    昨年度5科目で最も偏差値が伸びたのは理科です。

    5月の第一回全県模試→1月の全県ラストで

    平均偏差値が5.6ポイントアップ

    偏差値が5ポイントも上がったら、志望校が1ランク変わってきますね。

    今年度もしっかりと入試対策に取り組みたいと思います。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM