私立高校って高いの?

こんにちは。徳本です。

今回は私立高校に掛かる費用についてまとめていきたいと思います。

 

一般的に私立高校は公立に比べてお金がかかるとされています。

実際にどれくらいの差があるのか、県立高校と私立高校を見比べてみましょう。

今回は厚木近辺でメジャーな厚木東高校さん・向上高校さんのHPより

年間でかかる費用を引用させていただいています。

こちらに掲載してある費用につきましては高校・選択コース・年度などによって異なりますので、

あくまで1つの例として捉えて頂けますと幸いです。

 

まず、高校入学時にかかる費用ですが

 

入学金

厚木東高校:5,650円

向上高校:240,000円(さらに施設費等で180,000円かかります。)

 

制服・体操着等購入費用の合算

厚木東高校:72,000円〜

向上高校:110,264円〜

 

教科書代(選択科目・コースにより異なります。)

厚木東高校:18,000円

向上高校:22,174円〜

 

入学時にかかる費用合算

厚木東高校:95,650円〜

向上高校:372,438円〜

入学時にかかる費用に関しては、私立高校の方がおよそ4倍の金額となっています。

 

では、その後かかっていく費用についてはどうでしょうか。

 

授業料(年額)

厚木東高校:118,800円(年収約910万円未満の世帯は全額免除)

向上高校:43,2000円(年収約700万円未満の世帯は全額免除)

 

学年費などの諸経費(合算年額)

厚木東高校:48,628円

向上高校:154,000円(さらに研修旅行費など13,8000円以上かかります。)

 

修学旅行費(合計金額)

厚木東高校:100,000円

向上高校:160,000円

 

私立高校は芸術鑑賞会や研修旅行などの行事が充実しているため

授業料以外の諸費用は高くなる傾向にあります。

しかし国・県による就学支援制度の充実により

世帯年収が制限を超えていなければ授業料はどちらも0円となります。

授業料が全額自己負担だった時代は

授業料だけで毎月25,000円程の差がありました。

その差が0円になったことは非常に大きいと思います。

 

毎月かかる費用は公立よりも私立の方が高いという状態は

今も変わっていません。

 

しかし私立高校は土曜日授業・先生による補習授業・教育設備が充実し

予備校に通わずに大学受験を目指すことも可能な場合があります。

また、大学付属の高校であればエスカレーターで有名大学に進学出来ます。

大学進学を見据えて公立高校に通いながら

予備校に通学することを考えたら、

かかる費用の差はそこまで大きくないのではないでしょうか。

 

私立高校は色々な面で学校のカラーがはっきりしています。

私立高校=高いからダメ

と決めつける前に

選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょう。


パスカルさんと合同で高校入試説明会を実施します!

0

    こんにちは。徳本です。

    本日はお知らせがあります。

     

    9月21日(月・祝)10時〜12時にて、

    南毛利にありますパスカル進学ゼミ様と合同で

    神奈川県の高校入試についての説明会を実施いたします。

    会場は、、、、web上です!

    参加希望者の方にzoomへログインしていただき、オンラインで実施することとなりました。

     

    内容は、

    ・意外と知らない神奈川県の公立・私立の入試の仕組み

    ・近隣高校の最新入試データ(なかなか見られないですよ!)

    ・入試出題範囲の削減について

    ・高校選びのポイントは?

    ・特色検査ってどんなもの?

     

    などなど、盛りだくさんとなっております。

     

    9月後半〜各高校さんの説明会が実施される予定となっておりますが、

    入試の仕組みや得点データなどは、高校の説明会では教えてくれません。

    学習塾だからこそ皆様にお伝えできる詳細な入試データや、高校選びのポイントなど

    皆様にとって有益な情報となることは間違いありません!

     

    若干名ではありますが、まだご参加可能です。

    ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームより

    ご連絡をいただければ幸いです。

     


    人生の分かれ道・高校選び

    0

      こんにちは。徳本です。

      入試対策が本格化してきた中で、志望校についてご相談を受ける場面が多くなってきました。

      志望校選びに関連して、生徒たちに毎年話していることを当ブログにも残しておこうと思います。

      お世辞にも綺麗とは言えない図で申し訳ないですが、

      0歳〜高校受験後までの自分の人生における分岐点について、線にしたものです。

      12才の所、ごにょごにょしていますね?

      これは当時学区外中学校の選択が可能になったため、

      地元学区から離れた中学校を選ぶか悩んだ場面です。

      結局最寄りの中学校へ進学を決めましたが、違う選択をしていたら全く違う人生だったと思います。

       

      さて、本題は15才。高校入試です。たくさん枝分かれしていますよね。

      厚木市に住むほとんどの中学生は

      これまでの居住地や通う小・中学校を自分で選択してはいないはずです。

      高校入試とは、自分の今後を大きく左右する決定を

      初めて自分ですることなのです。

       

      私も当時悩みました。記憶が正しければですが、最終決定したのは願書を出す3日前だったかな?

      その後出会った人・行った場所・部活動・大学・就職・結婚・・・・

      あの時違う選択をしていたら、全てが違っていたと思います。(可愛い息子にも会えなかったと思うと少し恐怖ですが(笑))

      自分は運命というものをあまり信じないタイプなので。

       

      兎にも角にも中学生諸君、

      高校入試は君たちの人生において初めての大きな分岐点です。

      その選択で、君たちの人生全てが大きく変わります

      「距離・内申・偏差値・倍率・友人・部活・校舎・文化祭」

      高校選びの要素は色々あるけれど、安易に決める様なことはしないでほしい。

      どんな未来が待ち受けていようと後悔しないように、

      自分の決定に最後まで責任を持つ覚悟で考えて考えて考え抜いてください。

      あなたの人生、あなた自身が決めることです

       

      最後に

      塾・保護者共に、彼ら彼女らの考えを尊重し、見守っていきましょう。

      私たちに出来るのは全力で相談に乗ってあげること・アドバイスをすることだけです。


      見上げてごらん夜の星を

      0

        こんにちは。

        先日ペルセウス座流星群が見ごろということで、

        夜な夜な車を走らせて天体観測に行きました。

        結果は1時間で2個しか流れ星を見ることは出来ませんでしたが、

        不思議とリフレッシュすることが出来ました。

         

        受験生の皆さんは忙しい日々を送ることになると思いますが

        スマホばかり見ていないで、

        たまには頭を空っぽにしてゆっくり夜空を眺めてみてください。

        星の名前や星座の知識が無くても星は綺麗ですよ。

         

        星座を調べてまではちょっと、、、というそこの君!

        君たちがぱっとすぐ見つけられる天体がありますよね?

        そう、月です!

        中3生は国語で月についての作品を読んだと思います。

        また、2学期後半には理科で月について詳しく勉強していきます。

        月はおよそ一か月周期で満月⇔新月(ほぼ見えない状態)と満ち欠けを繰り返しています。

         

        9月4日(金)今夜はほぼ満月です。

        そこから毎日欠けていって、17日(木)には新月となり

        今度は毎日月が満ちてきて

        ほぼ1か月後の10月2日(金)にまた満月に戻ります。

        授業ではよく、「月は右から欠けていって右から満ちてくるんだよ」と話します。

        塾に行った帰り道、毎回月を見上げてみて、

        本当かどうかは皆さんの目で確かめてみてください。

         

        ちなみに今回のブログタイトルは坂本九さんの歌から引用しました。

        先生の好きな1曲ですが、

        中学生にとっては知らない歌かな?


        「できる・できない」→「やる・やらない」

        0

          こんにちは。

          1学期期末試験対策が終わり、9月に入りました。

          中3生は本格的に入試対策へと突入していきます。

           

          厚木市の中学校は1学期の期末試験を夏休み明けに実施することとなったため

          本来受験対策を行っていた夏期講習期間を学校の試験対策に充てざるを得ない状況となりました。

          正直受験生にとっては大きな痛手です。(夏休み直前に実施してくれれば良かったのに、、)

           

          入試対策はまだまだの状態で、彼らには山のような課題に取り組んでもらっています。

          (毎週の暗記だけでも英単語128個・社会理科の用語約100個・歴史年号・時代判別などなど・・・)

           

          生徒たちは、「○○は勉強できるし」だの「私は出来ないから」だの言います。

          高校受験は「できる・できない」ではなく「やる・やらない」の世界だと

          毎年彼らに話しています。

           

          周りから勉強が出来るように見える生徒は、必ず陰で努力をしています。

          暗記テストに合格できないと嘆く生徒は、必ずどこかで勉強を諦めています。

           

          人それぞれ才能や得手不得手があるのは当たり前ですが、

          努力でカバー出来ない部分はスポーツに比べてとても狭いです。

          苦手なら人一倍やりましょう。どうせ無理だなんて諦めてはいけません。

           

          3年間部活でスポーツをやって、ずーっと努力しても厚木市で1位を取るのは難しいかもしれません。

          でも勉強なら半年の努力であっと驚く成果を出せます。

           

          受験のノウハウ・テクニック・データは塾にお任せを!

          中3生!やるべきことをやりましょう!


          新高1クラス大躍進!

          0

            こんにちは。

            トリプルA高校クラスは、指定校推薦を利用しての大学進学を目指す生徒たちに対し

            高校の内申点を取るため、日々の学校課題解説や定期テスト対策を実施し

            毎年何名もの有名大学合格者を輩出しております。(昨年度は明治・法政など)

             

            新高校1年生たちは高校クラスとして初めてのテスト対策に臨み

            素晴らしい結果を出してくれています。

            例えば

            厚木東高校A君 :物理基礎学年1位!

                 Bさん:数学学年1位!

                 Cさん:英語表現学年3位!

            厚木西高校Aさん:1学期期末試験学年1位!(全科目合計点)

                 B君 :1学期期末試験学年2位!(全科目合計点)

             

            などなど、各高校内でトップクラスの成績を残してくれました。

            厚木西高校に至っては、学年の1,2位をトリプルA生が独占しました!

            彼らのひたむきな努力がハッキリとした数字で表れています。

             

            高校ごとの対策を一人一人個別に行っているトリプルAの高校クラスは

            指定校推薦を目指す生徒にとって、厚木市内で1番の塾だと自負しております。

             

            指定校推薦は高校1年生の1学期成績から対象となります。

            ほんの数名ではございますが空きがございますので

            ご興味おありの方はお早めにご連絡ください!


            中1生!今年は試行錯誤を繰り返そう!

            0

              こんにちは。徳本です。

              現在塾では夏期講習の真っただ中で、生徒たちは日々真剣に勉強しています。

               

              今日のテーマですが、中1生の勉強についてです。

              中1生にとっては、1学期期末試験が初めてのテストになると思います。

              中学校の定期試験は非常に難しく、全教科で8割以上の得点を取る生徒は

              全校生徒の3割以下程度になります。

               

              そこで中1生の皆さんに覚えておいてほしいことは、

              試行錯誤を繰り返そう!」です。

              中2〜の成績は高校入試に直結しますが、中1の成績は一切資料化されません。

              そのため中1の期間は、言わば準備体操のようなものです。

              試験のために頑張って勉強をし、良くできた科目はなぜ上手くいったのか?失敗した科目はなにがいけなかったのか?

              毎回の試験後に反省をして次の試験では改善策を実行していくことが大切です。

               

              理想は

              中1の間に努力と反省の試行錯誤を繰り返し定期試験に慣れ、

              中2になった時には自分なりの勉強法や科目間のバランスができあがることです。

               

              中1の間に勉強をさぼり、中2になってから取り組んでも

              サボった期間を取り戻すのはとても時間がかかります。

              今はまだいいやと思っている中1生、2学期からすぐにでも勉強に取り組みましょう!


              保護者面談の総括として(反抗期のお悩みなど)

              0

                こんにちは。徳本です。

                7月20日〜31日にかけて、トリプルAでは保護者面談を実施しておりました。

                今回はコロナウイルス感染リスクを考え、zoomを活用したオンライン面談の形をとりましたが、

                目の前で話している状況と遜色なく対話が出来ました。技術の進歩は素晴らしいですね。

                生徒様の学習状況や塾の考え方をお伝えし、保護者様からは学校・ご家庭での様子や生活習慣等をお聞かせいただき

                非常に有意義な面談となりました。

                今回ブログでは、面談の際ご相談やご意見として特に多く頂戴した話題についてまとめていきたいと思います。

                 

                ・休校中のオンライン授業について

                トリプルAでは学校休校中でもzoomを活用しオンライン授業を実施してまいりました。

                今回の面談中でもこの取り組みは非常に高くご評価いただいております。

                学校再開後、先生の中には凄いスピードで授業を進める方もいらっしゃるようで、

                塾で先に習得できたという安心感は、生徒たちの心の支えとなっている様です。

                また、昼間の授業を行ったことで生活習慣や勉強習慣の乱れを防止できました。

                 

                緊急事態宣言後即座に授業を実施出来たことは、保護者の皆様の多大なるご協力があってこそです。

                改めて御礼を申し上げます。

                 

                ・進路・受験勉強について

                中3生の皆様から数多くご相談いただいたのが、進路やそのための受験勉強についてです。

                なかなか行きたい学校が見つからなくて、、、とお悩みの方も多いですが、

                現段階で志望校をはっきりと決める必要はないと考えています。

                 

                例年であれば8月中に各高校の説明会が実施され、高校選びが本格化していきますが

                今年度は9月以降の予定となっております。

                ホームページやデータだけでは学校の特色や雰囲気はつかめませんので

                今は方向性だけ(私立or公立、大学進学or就職、通学距離はどこまで可など)

                ご家庭で話し合っていただけたらと思います。

                 

                自宅での受験勉強に関しましても、

                「7月時点でスイッチが入った」というお子さんは毎年少数です。

                9月以降は受験にしっかりと間に合うよう塾でカリキュラムを編成し

                生徒たちも必死にやらざるを得ない状況を作ってまいります。

                ご安心いただけますと幸いです。

                 

                ・コミルの指導報告書について

                トリプルAでは昨年度より、コミルというシステムを活用し

                毎回の授業報告書を保護者の皆様へお送りしています。

                塾での様子や宿題の内容等、保護者様に把握していただくことが出来ます。

                こちらのシステムに関しても皆様から非常にご好評いただいており、

                導入して良かったと実感しています。

                 

                この報告書には返信・画像添付の機能があり、メッセージをいただければ

                塾の宿題はもちろん学校の宿題・課題も完全無料で質問できる体制を取っております。

                自宅学習の際に「宿題で分からない問題がある」とストレスになり、

                せっかくの学習意欲が削がれてしまいます。

                それを防止する大きな武器として、今後も更にご活用いただけますと幸いです。

                 

                ・宿題の分量について

                塾の宿題が多い・少ないというご相談も、今回の面談で多く承っております。

                こちらについては担当講師との連携を密にし、即座に対応を取らせて頂きました。

                一人一人のライフスタイルに合わせて宿題の量も変えていけることは

                個別指導塾の強みの一つだと考えております。

                 

                ・反抗期について

                こちらのお悩みは毎年皆様から多数お寄せいただいております。

                私は教育心理や発達学の専門ではないのであくまで個人的見解となりますが、

                保護者の度量」と「ちょうど良い距離感」が必要だと思います。

                 

                心の発達において反抗期は必ず訪れ、誰しも親の言うことを聞かなくなります。

                その際に、保護者が子供と同じレベルで喧嘩をしてしまうと、さらに反抗してしまいます。

                そういう時期なんだと大目にみて、支えてあげられる度量の大きさが必要です。

                (保護者の皆様にかかるストレスは大きくなってしまいますが、、、)

                 

                中〜高へ成長していく中で、親と子供の「ちょうど良い距離感」は非常に大切で、

                反抗したり困っているとき、親が全てに介入してしまうと子供の「自主性」「解決能力」は育ちません。

                しかし完全に無視したら、自分はダメなんだ・どうでもいいんだと投げやりな感情が生まれます。

                「ちょうど良い距離感」とは、

                様々な問題は自分で解決していかないといけない、でも本当に困ったときや道を踏み外しそうなとき

                最後に頼れて助けてくれるのは親なんだ

                と子供が理解できる距離感です。

                このバランスって、正解が一つではないので

                家族の方にしか分かり得ないものだと思います。

                色々な壁にぶつかりながら、見つけていっていただけたらと思います。

                 

                 

                 

                長々とした文章になってしまいましたが、

                保護者の皆様とお話しできる機会は大変貴重で、有難く感じております。

                今後も面談の機会は設けていく予定でございます。

                宜しくお願い致します。


                塾生の入試得点と入試対策の取り組みス餮

                0

                  こんにちは。

                  入試問題の研究と塾での勉強を毎週1科目ごと紹介していますが、

                  今回がラストの科目となります。

                  来週以降も様々な話題を取り扱ってまいりますので

                  ご覧になっていただけますと幸いです。

                   

                  さて、国語に関してまずはデータを見ていきましょう。

                  近年の合格者平均点は

                  2016年度:64.7点(五科目中最高)

                  2017年度:73.1点(五科目中最高)

                  2018年度:65.6点(五科目中最高)

                  2019年度:59.1点(理科に次ぐ2位)

                  2020年度:69.1点(五科目中最高)

                   

                  となっており、2019年入試を除く4年間で五科目中最も平均得点が高くなっています。

                  偏差値帯別のデータでも、偏差値60以上の生徒は当然のように80点以上取ってきますし、

                  偏差値35の生徒でも平均50点ほど獲得しています。

                  つまり「簡単」なのです!

                   

                  と一言で片づけても面白くありませんね。(笑)

                   

                  入試戦略的な観点で話を進めると、国語が得意でも入試で大きく有利になることはありません。

                  みんなある程度得点できてしまいますからね。

                  逆に国語が苦手な生徒は大きく不利になります。

                  偏差値50レベルの高校でも平均点が70点近くなるため

                  国語で得点できないと大きく差をつけられてしまいます。

                   

                  塾の入試対策としては、例年8月〜

                  漢字テスト・古文知識や読み進め方・読解問題における正答の見つけ方など

                  様々な対策授業を実施しています。

                  昨年特に意識させたことは、選択肢を選ぶ際に

                  なぜ選んだのか?」をはっきりと説明できるレベルまで

                  問題に向き合うことです。

                  なんとなく問題を解いていても力はつきませんからね。

                   

                  塾生の2020年度得点については、しっかりと取れていたと思います。

                  数名の生徒は厚木東・西志望でも90点近い得点を獲得し、

                  ほとんどの生徒は大きく不利になるような得点は取っていません。

                   

                  一朝一夕で国語力を高めることは難しいです。

                  日々学校の授業で扱っている文章をよく読み

                  内容をしっかり考えることを意識していきましょう。

                  小手先のテクニックは様々ありますが、

                  内容理解がきちんとできれば入試国語は難しくありません。

                   


                  塾生の入試得点と入試対策の取り組みね科

                  0

                    こんにちは。徳本です。

                     

                    今回は入試研究第4弾理科です。

                     

                    理科は2014年〜2018年度入試において、非常に難易度が高くなっておりました。

                    2015年の県の合格者平均点はなんと37.4点

                    日本全国でもトップクラスに難しいといわれていたのがこの時期です。

                    しかし2019年は平均61.3点、2020年は平均55.9点とここ数年は落ち着いた難易度になっています。

                     

                    2020年入試の正答率別得点分布は、61%以上が39点分、41%〜60%が44点分、40%以下が17点分となっており

                    いわゆる超難問は少なく、基本的な知識を問う問題が多くなっています。

                     

                    基本知識を問う問題といっても、中学理科で学習する範囲は非常に多岐にわたり

                    英・数と違って1つ1つの単元におけるつながりが薄いため

                    受験生は中1〜中3までの単元を満遍なく習得する必要があります。

                    「今まで受けた全ての定期テストを解けるようにする」ようなイメージです。

                     

                    トリプルAでは例年8月から本格的な入試対策が始まりますが、

                    入試対策と並行して定期テスト対策もしっかりと行っていますので、

                    中3で習う分野は生徒たちにとって記憶が新しく

                    入試対策でも得点を取れることが多いです。

                    しかし1,2年分野は忘れている生徒が多いため、

                    まずは1,2年分野の基礎語句暗記から行います。

                    その後は3年分野の暗記と実践的な問題に取り組み、力をつけていきます。

                     

                    また、理科の授業で生徒たちに意識させていることは

                    「知識の暗記だけではなく、理解を深めて問題に取り組むこと」です。

                    近年の入試における実験・観察の問題は、学校で習う実験の条件を少し変えて

                    実験操作や結果を予測させる問題も出題される傾向にあり

                    ただ結果だけを暗記していても通用しません。

                    なぜその操作が必要なのか?どうしてこうゆう結果が出たのか?

                    学校の授業でも、意識して学ぶと良いと思います。

                     

                    最後に塾生の入試得点の伸びですが、

                    昨年度5科目で最も偏差値が伸びたのは理科です。

                    5月の第一回全県模試→1月の全県ラストで

                    平均偏差値が5.6ポイントアップ

                    偏差値が5ポイントも上がったら、志望校が1ランク変わってきますね。

                    今年度もしっかりと入試対策に取り組みたいと思います。


                    | 1/14PAGES | >>

                    calendar

                    S M T W T F S
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    27282930   
                    << September 2020 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM